女の人

美しさの為の心強い味方

注射

簡単で安心なプチ整形

注射をするだけで簡単に小顔になれると話題のボトックス効果ですが、実際それはどういうものなのでしょう。ボトックスとはボツリヌス菌という細菌が分泌するボツリヌストキシンという神経毒の商品名です。この神経毒は脳から発せられた指示信号を筋肉に伝えるアセチルコリンという物質の働きを抑制してしまいます。その結果、筋肉は運動をやめて弛緩してしまうことになります。このボトックス効果を最初に人体に応用したのは医療の分野です。片側の眼瞼や口元がぴくぴくと痙攣する片側顔面痙攣という病や、脳卒中の後の手足のつっぱりの症状にも効果があります。更に、そのほかにも様々な病気の治療に広く使われています。小顔を目指すためのエラボトックスも、まさにこの筋肉を弛緩させてしまうボトックス効果を利用しています。筋肉は動かないと徐々に萎縮していきます。例えば、足の骨を折ってしばらく使えなくなったときには、筋肉が衰えて、足の太さは二回り以上細くなってしまいます。エラボトックスは、エラの部分にある咬筋にボトックスを注射して咬筋の動きを止め、それを徐々に萎縮して薄くすることで小顔を作っていくのです。咬筋はものを噛むための筋肉の一つなので、小顔を作る為にボトックスを注射してみたら、咬筋の動きが止まり、歯ぎしりや顎関節症まで改善してしまったというケースもしばしばみられます。医療の分野で活用されている薬の効果が、こういうところでも発揮されるわけです。このようなボトックス効果は美容の分野において、小顔を目指すためのエラボトックス以外にも色々と利用されています。顔面と同じように、ダイエットをしてもなかなか効果が出にくいふくらはぎの部分痩せにも使われています。また、額や目じりに出来る表情じわの解消にも応用されています。それから、筋肉を弛緩させるという効果とは別に、アセチルコリンの働きを抑える作用を利用して、汗腺の働きを抑えることも出来ますから、脇にボトックスを注射して多汗症の対策にも使われています。このように、脳からの指示信号の伝達を抑制するという特徴から、色々な目的に使われているボトックスですが、実際に利用するときに、他の治療法との違いはどういう点なのでしょうか。やはり、一番大きなポイントは、注射をするだけで済んでしまうということでしょう。例えば、小顔になりたいと望んでいても、エラ削りなどの切開手術となると、なかなか決心がつかないで悩み続けている方も多いでしょう。でも、注射だけのエラボトックスならばそんな悩みは不要だということです。費用も手軽ですし、実際の施術時間はわずか数分です。勿論入院など必要ありませんし、術後の通院も不要です。しかも、施術したその日からいつも通りの洗顔やメイクをすることも出来ます。全く手間の掛からない手軽なプチ整形と言えます。また、ボトックス効果は注射の位置や深さそれからボトックスの量で細かく調整出来ますから、施術部分の微妙なデザインを形成することが出来ます。しかも、ボトックス効果は4-6週間位かけてゆっくりと現れてくるので、周りの人に気付かれることもありません。このように簡単便利で、細かな調整も出来る優れもののボトックスですが、更に良い点は、その結果が万一希望していたものと違ってしまった場合でも、時間がたてば自然に元に戻るということです。ボトックス、安心してトライできますね。